性病を秘密で治療

淋病、クラミジア、梅毒などの性病についてご紹介します。症状がない場合も多いので予防方法も知っておきましょう。

様々な性病

淋病について

淋病について

淋病は感染率が高いことでも有名な性病の一つです。淋菌という菌が体内に入ることで発病するこの病気ですが、角結膜炎や咽頭炎の原因にもなるようです。また、湿った温かい場所を好み、そこで増殖するという特性があるので、性器周りは恰好の場所になります。

しかし、こうした粘膜から離れると数時間で感染力を失い、日差しが当たる場所や乾燥した場所などの環境変化に非常に弱い上、消毒薬でも簡単に死滅する性質があるので、感染力については場所によっては低くなります。

感染経路は主にオーラルセックスからと言われています。特に男性の場合、風俗などでオーラルセックスを行った際に移される確率が非常に高いと言われる病気でもあります。1度の性行為で約30%の感染率という点からも分かるように、かなりかかりやすいと言われる点がこの数字にあります。

更にこの淋病に掛かった人の殆どが同時にクラミジア感染症にもかかっているといった点も非常に面倒な病気でしょう。こうして菌を性器に保有した状態で性行為を行うことで、パートナーにも感染するといったパターンが多いようです。

菌に感染すれば、数時間から数日で症状が発生しますが、感染初期はちょっとした尿道痛があったり、女性であればおりものの量が増えるなどぐらいなど分かりずらいことから放置してしまうパターンが多くあります。しかし、感染が進めば、尿道に炎症を起こしていることから、排尿時の痛みも強くなります。更に進むと発熱や精巣の腫れなどが起こり、排尿時に膿も出てくるなど見た目に怖いと思う現象が分かるようになってきます。

女性の場合は特に気を付ける必要があります。症状がもう少し進むと排尿痛以外にも性交時に痛みが出てきます。子宮に最も近い部分に感染した陰茎が入るということもある為、子宮内にまで菌が蔓延しやすく、内部の感染が進めば子宮頚管炎や卵管炎、骨盤腹膜炎にまで達してしまい、不妊症に陥るといった場合もあり得るのです。それまでに至るまでには激しい下腹部痛や不正出血も起こるので、明らかに体に異常が起こっていることは分かるでしょう。

とにかく、性病については特に女性にとっては子供が産めなくなるといった致命的な状態になりかねないので、異変が続くようであればしっかりと検査をしてもらうことが重要と言えます。

クラミジアについて

クラミジアについて

淋病の項目でも少し記載したクラミジアですが、こちらは性病として最もポピュラーな病気になります。また、近年10代から20代と若い世代から最も多く感染が確認される病気としても知られ、更に感染者はどの性病よりも一番高い病気でもあります。男女共にかかりやすく、更に約80%が感染したことが分からないと言われており、放置すれば男女共に不妊症になりかねない見過ごせない病気です。

この病気は、クラミジアトラコマチスという菌に感染することで引き起こされます。この菌は、生物の細胞の中でのみ増殖と生存ができるという特徴があります。その為、感染した人が触ったタオルなど細胞のない物質に移動すると死滅してしまいます。

その点からも生命力が非常に弱いという点が分かりますが、それと同時に生存している粘膜などを交換するような状態にならなけえれば感染しないということも分かります。

感染すると、男女共に自覚症状が殆どないことが非常に有名です。感染後、数週間は発病することがない場合が多いことから、その間に性交することで更に感染者が増えるという点も困りどころになります。また淋病に症状が似ていることから、淋病と勘違いしてしまう場合があります。

男女共に排尿痛や症状が進むにつれて下腹部痛、発熱などが起こります。男性の場合は精巣の腫れや排尿時に膿も一緒に出てくるなどの症状が起こり、女性の場合はおりものの量が増える以外にも痒みや臭いがきつくなったりします。更にはどちらも精巣、卵巣にまで感染が進めば精子が造れなくなってしまったり、子供が産めないような卵管炎や骨盤炎症を起こしかねません。

先程、淋病と同時に感染しやすいということも伝えましたが、両方同時に感染した場合は、淋病をまず治療することが多いようです。理由としては、淋菌の方が感染力が高いので早く体内に進行してしまうのです。その為まずは淋病を治療し、完治が確認されてからクラミジアの治療というのが原則と言われています。

また、抗生物質を使って二つとも治療を行うのですが、抗生物質を多用されたことによって人によっては菌に耐性が付いてしまい、特定の薬では治療が出来ない場合がある病気でもあります。薬が効いている感じがしないと感じた場合は、即医師に相談した方がよいともいえる病気でしょう。

梅毒について

梅毒について

梅毒も性感染症の1つであり、近年急上昇している性病のうちの一つです。特に若い世代に多く、2016年に感染者が4,000人を1974年以来に初めて超えたということでも話題になりました。

梅毒トレポネーマという菌に感染することで発病する性病で、感染後の症状が4段階に分かれているのも特徴的です。また1940年代に世界初の抗生物質であるペニシリンが開発されるまでは不治の病としても有名な病気でした。不治の病ということからも分かるように、放っておけば死に至る病気であることも注意しておく点です。

この菌も、生体内でしか生息できない為、タオルや便座などの無機質なものに移動すると死滅してしまいます。その為、そういった物質からの感染はなく、やはり性行為といった粘膜同士の交換によって感染する病気になります。

感染後1週間から13週間の間に症状が出始めるということからも分かるように、感染力が非常にゆったりとしている分、症状が現れるまでに時間がかかることからも、感染したのが分かりにくい病気でもあります。

第1期と言われる感染から3週間~3か月後、第2期の感染後3か月から3年の間までが感染しやすい時期と言われ、近年の先進国であればその間に症状も分かりやすく出てくることもあり、殆どの場合この期間に退治されるので死亡するまでの状況には陥らないとされています。ちなみに、死に至るには感染から約10年以上たった第4期に当たり、細菌が脳や神経、脊髄にまで到達してしまうことで様々な機能が麻痺してしまうことから引き起こされます。

第1期の症状は、感染した部分に小豆程度のしこりが出来ます。また、太もものリンパ節が腫れるのですが、2、3週間放置すると腫れが引いてしまうことから、疲れがたまっていただけかななどと勘違いしやすい部分でもあります。第2期の症状は、より分かりやすくピンク色の丸いアザが体の中心線上に現れます。また、小豆大ぐらいの赤茶色のブツブツができ始めます。人によっては脱毛症状も起こるなどもあります。この段階に来れば、何か体に異変が起きているということが分かるので、病院に駆け込むこともできるでしょう。

こうした感染症は、早期に対応すればそれだけ早く治療も完治します。無自覚なまま時が過ぎてしまいがちな病気でもありますが、少しでもおかしいと気が付いたり、風俗や不特定多数の人と性交したなどの感染する原因を経験しているのであれば、すぐに病院で調べた貰った方が良いと言えるでしょう。

性病の予防方法

性病の予防方法

性病は、基本的に不特定多数の人と性交を持たなければ発症は少ない病気でもあります。特に若い世代に多い病気でもあることから分かるように、興味本位で様々な風俗に行ったり、多くの方と性交することから安易に感染するパターンが多いものでもあります。

但し、生命力が高い菌もいることから、先のヘルペスなどは患部を触った手などを消毒や石鹸などで手洗いせずにタオル等に触ってしまった場合、そうした部分から感染しかねません。また、かなり昔に感染したが、長い期間体内に居続けて発病しなかっただけという場合もあります。その為、性病にかかったからと言って必ずしも性に開放的な人とか浮気したからだという訳ではないので、その点は勘違いしないで欲しいところです。

自覚なく感染することの多い性病を防ぐには、やはり清潔な状態を保つことが一番でしょう。発展途上国の性病発症率が高いことからも分かるように、病原菌は不衛生な場所に生息しやすい傾向があります。その為、ベッドルームはシーツなどを清潔にしておくことも大切です。それと、性交前と後にはお風呂やシャワーを浴びるなどして体を清潔にしておくことも予防に繋がります。

また、性交時にはコンドームを付けるなども大事な点です。性器から性器に移る病気でもある為、コンドームを付けることで相手に移さずに済む場合もあります。逆に移されずに済むといったことも考えられます。

そして、常に性器周りや機能面などに異常がないかを確認することも大事な部分です。ヘルペスなどは分かりやすくブツブツが出来ます。その他の性病も性器周りに痒みが出たり、排尿痛があったりします。こうした性器の部分で何かしらおかしいと感じることがあった場合は、性交しないという判断が感染をさせたり感染をしなかったりすることに繋がります。

これは性交相手に対しても同じことが言えます。何気なく体の調子なども探ったり、性交前に一緒にお風呂に入るていで何かしらおかしな点がないか確認しておくのも大切なことです。

お互いがお互いの為に実は大事なことなのですが、性交という欲望の塊みたいな状態の時にはなかなか難しいのも事実でしょう。しかし、感染を防ぐためには出来るだけこうした点を守ることも、後々面倒なことにならない為には必要なことになります。