性病を秘密で治療

性器ヘルペスは通販で購入できるバルトレックスなどの治療薬で簡単に治療できます。症状、感染経路などもご紹介します。

ヘルペスとは

ヘルペスとは

ヘルペスは、皮膚病のひとつです。一度出来てしまうと再発する事が多く、激しいかゆみを伴う場合もあり、非常に厄介な病気です。ストレスや性行為などによって感染し、悪化すると辛いものになりますが、最近は効き目のある治療薬もあり、早期に治療すれば早めに症状を抑える事ができます。現代は病院に行かずに通販で誰にも会わずに処方薬を購入する事も可能になっています。

ヘルペスの治療薬

ヘルペスの治療薬は市販されているものもありますが、薬局などで気軽に購入でき、安全性が高いとされていますが、その分効果は低く、当然治療にも時間がかかってしまいます。効果のある薬を購入して早めに治したい方にお勧めなお薬をご紹介します。下記にご紹介するお薬は、通販を利用すれば簡単に購入する事が可能です。

バルトレックスの効果と副作用

バルトレックスの効果と副作用

ヘルペスなどに効果を発揮するのが、バルトレックスという薬です。成分はバラシクロビルになり、口元にできるヘルペス以外にも性器にできるヘルペスにも有効です。また帯状疱疹も同様に効き目があります。

特に繰り返してこうした症状が起こるという人にとっては、バルトレックスは効力があると言えます。というのも、既に以前に発売されていたゾビラックスという商品を更に良いものへと改良した商品がこれになり、体への吸収率が非常に高くなり、よりウィルスを滅するのに効力を発揮することが出来るようになったためです。

以前の商品は、肝臓で分解されやすい成分だったこともあり、治療するのに体内に取り込む薬の用量も多く必要だったのですが、バルトレックスはその必要もありません。その為、体に対しての副作用の影響も以前より緩和されたと言われています。

但し、腸が弱い人にとっては、お腹が緩くなったり不快感が現れるなどの副作用が出ることもあります。あまりにも酷い状況の場合は、処方してくれた医師に追加処置をとってもらった方が良いでしょう。

こうしたウィルスについては、菌と同様に体から無くなるまで薬を飲み続けることが再発防止に繋がります。その為、副作用がひどくてという場合は、飲むのを止める前に医者との相談が先決になります。

また、病状が出始めに飲むと早めに症状が収まるのもこうした抗ウィルス剤の特徴でもあります。特にヘルペスウィルスは広がるのが早いことでも知られています。その為、ものすごく痛みが強くなる前に、ちょっとした異変に気がついたら薬を飲んだ方が良いと言えます。

薬価については少々お高い方ではありますが、ジェネリックのバルシビルと言う薬も販売されています。処方される際は、ジェネリックがあればそちらを処方するかどうかを確認される薬でもありますので、ジェネリックに抵抗がなければそちらを選んでもよいでしょう。

バルシビル(バルトレックスのジェネリック)の効果と副作用

バルシビル(バルトレックスのジェネリック)の効果と副作用

バルシビルは、バルトレックスのジェネリックになります。バルシビルはジェネリックを最も早く生産する国として有名なインドにある製薬会社で作られた製品になります。シプラ社という、バルシビル以外にもED治療薬のジェネリックを手掛けていることでも有名な会社になります。

この企業で作られたのがバルシビルですが、先発薬と同様にバラシクロビルを主成分として用いており、服用方法についても先発薬と同じになります。

バルトレックスより前に発売されていたゾビラックスは、肝臓での分解率が高いことから、治療成分を体に充満する上で必要な量を大量に取り入れる必要がありました。その点を改善したのがバラシクロビルになります。その為、1日に5回必要とされていたものが1~3回で済むという点が特徴です。体に取り入れる回数が減れば、その分体にも優しいということになり、更には大きな副作用も出にくくなるということにも繋がります。

性器や口元に出来たヘルペスを治療する場合は、500mgを1日2回の服用で完治しますが、再発防止の為に服用する場合は1回で済みます。帯状疱疹の場合については、1000mgを1日3回飲む必要が出てきます。

また、ジェネリックの利点とも言える薬価についても安くなります。保険適用せずに購入するとなると、1錠約405円になります。性器ヘルペスを治すにあたって服用する期間は約5日と言われています。その為、1日2錠×5日間=4,050円かかると言えます。ですが、ジェネリックの場合は1錠が150円程で済んでしまうのです。計算するまでもなくジェネリックの方が非常に治療代がかからなくて済むということになります。

入手方法はネット通販のみとなる為、海外からの個人輸入になります。そうなると、手元に届くのが10~14日となる点を考慮する必要があります。特に以前かかったことがある場合、再発が一番懸念されることの多い病気でもある為、あらかじめ購入しておいて手元に置いておけば安心な薬でもあります。

副作用については、先に書いた胃腸に関する不快な症状が出たり、腹痛やお腹が緩くなってしまうといった症状の他、吐き気や眠気、頭痛を伴う場合もあるので、症状の度合いによっては医師の知恵を借りて服用方法を変える必要のも大切なことになります。

ゾビラックスの効果と副作用

ゾビラックスの効果と副作用

ゾビラックスは、世界で初めてウイルスに効果を発揮する薬として開発された成分アシクロビルを使った商品になります。アシクロビルは1974年にガートルード・エリオンという女性の生化学及び薬理学者によって開発されました。その後非常に画期的な薬を開発したことが認められ、ノーベル生理学・医学賞を受賞するに至っています。

これ以外にも痛風や抗尿酸血症を治療するアロプリノールや、白血病治療のロイケリン、後天性免疫不全症候群治療薬のアジドチミジンなど8種類もの薬を開発するほど素晴らしい功績を遺した方でも有名な人物です。ちなみに、普通であれば、治療薬は一人の学者は一生に1つがせいぜいと言われています。如何にすごい偉業を成した方かがお分かりいただけるでしょう。

この成分は、何度も記載しているように肝臓で分解されやすい成分です。その為、体内でウイルスの作用を抑えるためにはその分体の中に必要な用量を保持する必要があります。ヘルペスを治療する上で必要なのは200mgを1日5回服用することが必要になります。そこから計算しても、大体体の中に約4時間程しか対抗できる成分が存在できないのです。その点では少々不便な部分もあると言える薬になります。

しかし、バルトレックス同様、単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮する点や副作用については同じになります。何故同じになるかというと、実はバルトレックスは体内でアシクロビルに変換される為です。

その点、最終的には同じ成分になってウイルスを撃退するという構造には変わりありません。但し、体内で変換される分、体の中で成分が分解されずにい続けることが出来るという点では後者の方が優れているということになるのです。ちなみに、こうしてわざと体内で変換させることである薬効を示すことが出来る薬を、プロドラッグと呼んでます。

ちなみに、点滴や軟膏などの外用剤としても商品化されていますが、初めてヘルペスが発生した場合は体内に取り入れる薬の方が非常に強力なので飲み薬を利用した方が効果が高くなります。ですので、軟膏などについては、再発防止に備えて使うといった用法の方が適しているようです。

ヘルペスの治療薬を通販で購入

ヘルペスの治療薬を通販で購入

ヘルペスの治療薬は数多くありますが、効果が高いものは病院の処方が必要になります。ですが、特に性器ヘルペスなど性病であれば病院に行くのが恥ずかしいという方も多いでしょう。当然ですが、性器を医者に見せなくてはいけません。また再発する事がありますので、発症した時でもすぐに治療できるようにお薬は手元に置いておきたいものですが、基本的には症状が出ている状態でなければ薬は処方されず、それ以外の場合に薬が欲しい場合は、保険適用外となってしまい、大変高額になってしまいます。さらに、忙しい現代社会の方が病院に行くというのはなかなか難しいものでしょう。

通販を利用すれば、これらの悩みを一度に解決する事ができます。通販ですので勿論誰かに会う事なく、いつでも購入する事ができます。ご自宅まで届けてくれますが、サイトによっては郵便局留めにできる場合もあるのでご家族に知られる心配もありません。

通販なら安く購入する事が出来ますし、ジェネリックも販売されています。通販で安く購入しておいて症状が出たら早めに薬を服用すれば、軽い症状のうちに治しておく事が可能です。「病院に行かなくては」と思いながらも行く機会がなかなかなく、薬局にすら行けないような状況の時というのはよくある事でもあります。そんな時に備えて、いつでも薬を利用できるように通販で購入しておけば安心です。

購入するには「個人輸入代行サイト」というものを利用する事になりますが、楽天やAmazonなどの一般的な通販と同じような簡単な方法で購入する事ができます。ただし、海外から発送されるため、到着までには10日前後かかってしまいます。前もって購入しておくようにしましょう。

ヘルペスの症状

ヘルペスの症状

年末年始などの忙しい時期を過ぎたぐらいや、夏が過ぎて少し暑さが和らいだ時など、体がそんなに踏ん張らなくてもいいというタイミングで体調が不調になることは多々あります。そうした際に、口元にぽつっと見た目真っ赤な水泡が出来ることがあります。しかも強い痛みを伴って。こうした水泡は、ヘルペスという水泡の可能性が高いでしょう。

一口にヘルペスと言っても、口にできる以外にも多くの種類があり、症状なども異なります。最も多いヘルペスの症状などをご紹介します。

口唇ヘルペスの症状

口元にできるヘルペスを口唇(こうしん)ヘルペスというのは、先に説明しました。単純ヘルペス1型が主な病原ウイルスと言われていますが、実は性器にできる2型でも口唇ヘルペスを起こす場合があります。それというのも、近年の性習慣の変遷と共にオーラルセックスも増えてきていることから、非常に1型2型の棲み分けが難しくなっているというのが現状です。ですが、基本的には1型と2型があり、それぞれ感染すると別々の神経上に潜伏する物体となります。

感染については、同じようにウイルスを保有している人が発症している患部に触った手などで触れた部分を触ったり、保持者とキスやセックスをすることによって移ります。それ以外であれば、性器に発症している場合、トイレの便器やトイレ後に手を拭いたタオルなどはウイルスが存在する場所となる為、触れた場合はアルコール消毒や石鹸で良く手洗いをするなどすることで予防することも可能です。

また、体が健康な場合は症状が全くでない場合が多いこともあり、本人はウイルスを保有しているにも関わらず症状を全く発病することなく人生を終える人もいます。ですが、風邪や過労などで体力が衰えたり、体調が非常に悪く、免疫力が低下しているといった状態になると、急激に威力を発揮して症状を発病させます。

口元の場合は、プツッと赤い木苺の粒ような水泡が一つ二つ程出来ますが、性器同様非常に強い痛みを伴います。出来初めの頃はその部分がムズムズするといった兆候があるのですが、人によっては数時間後に強烈な痛みと共に水泡が出来る場合があります。ムズムズした時点で少しその部分が赤くなるので、気が付いた時点で治療薬を服用すれば、その分非常に早くウイルスを撃退することが出来ます。

ですが、大体の人は水泡が出来てしまってから気が付く症状だと思いますので、こうした状態になった場合は素早く治療薬を服用するか、若しくは病院に行って処方箋を貰うことをお勧めします。

とにかくウイルスは早期対応が非常に早く退治しやすい物質です。以前に掛かったことがあった、若しくは家族でそうした人がいたという場合は、バルトレックスを常備しておいて即服用することを強くお勧めします。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスについても、口唇と同じような症状が現れます。口唇よりもブツブツ加減は木苺そのもののように多くの粒粒が一か所にぶわっと現れます。その上、強烈な痛みと共に出るので、できた際は何が起こったのかと驚くことでしょう。勿論、兆候も同じようにムズムズやチクチクと言った状態が起きます。

ですが、女性の場合は性器周りが見ずらい部分にもなるので、自力で確認するにはちょっと一苦労かもしれません。男性の場合も陰茎部分にできれば確認しやすいかもしれませんが、肛門付近にもできる可能性があるウイルスなので、そういった場合はなかなか見ずらい点になります。

男女共に放っておくとウイルスが性器から体内に入り込んで広がっていく為、初めは排尿痛に悩まされることも多いのですが、更に発熱を伴ったり、リンパ節が腫れ上がることもあります。女性の場合は特に子宮頚管に感染が広がってしまうと不妊症になってしまう可能性が高くなることから、放置は得策ではない症状になります。

その為、性交時にお互いの性器については隠さずに何かしら変化があることを伝えることも大事ですし、ヘルペスらしきものを見つけた際には性交を我慢するのもお互いの為になります。

見つけても口唇同様水泡を潰してはいけません。意図的にではなく潰れてしまうこともあるかもしれませんが、水泡には多くのウイルスが存在するので、患部を見つけたらまず触らないことが先決です。触ってしまった場合は、石鹸で良く手を洗ったり消毒すれば移らなくて済む場合もあります。

とはいえその他の体の一部で触れてしまう場合も無きにしも非ずなので、パートナーに症状を見つけた場合は、自分に症状が出ていなくてもバルトレックスを服用した方が万全と言えます。症状が現われているパートナーは、治療出来る分の用量を服用する必要があると言えますが、まだ症状が出きっていない自分の場合は、1日200mgを1錠服用する程度でも予防策にはなるのです。その為、症状が出ていなくても、出る前に目を摘んでおく意味で服用しておくのがお勧めでもあります。

なお、性病には非常に多くの種類があり、性器に異常があったからといって性器ヘルペスとは限らず他の性病である可能性もあります。心あたりのある方は、他の性病でないかも確認しておきましょう。

参考サイト:性病の種類と症状

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状

子供の頃、水ぼうそうの予防接種をした記憶がある人は割といると思いますが、2014年までは任意の予防接種だった為、割と高齢化した際に再発し、重症になる場合もあるようです。この水ぼうそうの予防をした人、しない人関わらず水ぼうそうを経験している方は、帯状疱疹になる割合が高くなります。

帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスという水疱瘡の原因と同じウイルスが原因の感染病です。水疱瘡は感染者の咳などから空気感染する場合や、できた水泡を潰すことで感染する飛沫感染、感染者が患部を触れた部分で他人に触れることによる接触感染と3経路ありますが、症状として出やすいのは特に抵抗力の弱い子供です。幼少時に特に発病しなかった場合、帯状疱疹になることは殆どないと言われていますなぜなら、大人は感染しずらいウイルスだからです。

かつて水疱瘡に掛かった場合、治療が完治したように見えても、ウイルスの活動が抑えられただけであり、神経節中に移動して潜伏するのです。その後、何十年と潜伏し続け、何事もないままという方も多々ありますが、稀に非常に体が衰えたり、抵抗力が下がった時に再発し、症状が重くなる傾向が高い病気として有名です。

症状はヘルペス同様赤い水ぶくれが特にお腹や胸、背中などに刺すような激痛と共に現れます。特徴的なのは、体の左右一方に一か所できる点です。また、患部が少し布に触っただけで痛みが走る点は、非常につらいところです。また治まり方もヘルペス同様水ぶくれから瘡蓋になる点も同様です。

しかし、瘡蓋になっても、その後大体1か月近く完治には時間を要するところも厄介です。重い症状に発展する場合、瘡蓋までとれたにも関わらず痛みだけ残る場合があります。この症状を帯状疱疹後神経痛と言い、急激に起きた強い神経の損傷によって発症し、治癒力が衰えている方に起こりやすいようです。

また、症状が出た部位によっては合併症を伴いかねず、特に目や耳などの付近に発症していると、感覚を失いかねない程重篤になる場合も起こり得るようです。

ですが、再発については確率が高いといえども発症率は低い方ではあるので、水疱瘡の既往症がある方は注意はしても、恐れる程まで心配はしなくてもよいでしょう。また、こちらの治療についてもバルトレックスを服用することで症状を抑えることができます。

性器ヘルペスの感染経路

性器ヘルペスの感染経路

性器ヘルペスは、一般的に名称を良く知られているSTD(性感染症)の一つでしょう。とはいえ、発病したという人は少ない病気でもあるかもしれません。

というのは、感染しても健康で免疫力が高い人の場合、ウィルスの力を最大限に発揮することを抑え込むことが出来るからです。更に感染初期はウィルスの数も少ないという点からも、早々に症状が出ないことが多いのも特徴です。その為、感染者の約60%の人たちが発症しないまま保持している状態が続いているという場合が多いようです。

但し体が弱っていたり、ウィルスが増え始めて抑え込むことが出来なくなれば症状となって現れます。先の項目でも記載しような、痛みを伴う水泡が性器の粘膜部分にキイチゴみたいな状態で赤く出来ます。その水泡部分には勿論ウィルスが大量に含まれていますので、間違っても潰したりすれば、飛沫した液体が触れた部分に拡大しますので絶対つぶしてはいけません。

こうして感染に気が付かないままウィルスを持っているパートナーと性行為をしてしまうと、相手にウィルスが感染します。このウィルスは粘膜に特に感染しやすいことから、薄くて弱く湿っている部分へ簡単に移ると言われています。その為、性器は恰好の場所となりやすいのです。

また、オーラルセックスも今では一般的になっていることから、口の粘膜に保持している女性も多いと言われます。それは勿論パートナーがヘルペスを持っていることに気が付かずにオーラルセックスをしてしまうためです。

感染した本人は症状が暫くでないと言われる2日~12日間程の間に、ジワジワと増え続け、最終的に先の水泡が出来るという状態が発生します。また感染力が強く、治っても再発しやすいのも特徴的です。その為、その症状が性器周りに見えた場合は、パートナーとのセックスは避けなければなりません。

万が一気が付かずにしてしまった場合は、パートナと一緒に抗ウイルス薬で治療に適しているバルトレックスをすぐに服用しましょう。早めに飲むことで早くウィルスを退治することが出来ます。

ちなみに、口元にできる口唇ヘルペスや腕などの性器や口元以外にできる帯状疱疹についてもこの薬で治療することが出来ます。こちらについても、先の性器と同様に真っ赤な木苺のような水泡が痛みと共に体にできますが、性器に感染する場合は単純ヘルペス2型に対し、口元にできるのが1型になります。それ以外の場所にできるのは水痘・帯状疱疹ウイルスと呼ばれるものが原因となります。

ヘルペスはなぜ再発をするのか?

ヘルペスはなぜ再発をするのか?

ヘルペスは一度かかると再発すると言われています。先にヘルペスに有効な薬であるバルトレックスやゾビラックスを挙げましたが、この薬を使っても体の中から一掃することが出来ない場合があるのです。というのも、ヘルペスは神経節という神経細胞が集まっている場所に潜り込んでしまうからです。

神経細胞は、生きている人間にとって一番大事な細胞です。様々な部位の状態を脳に伝えたり、脳からの指令を部位に伝えたりする重要な役割を持っています。こうした重要な細胞は、最もウイルスに犯されては困る領域です。その為、他の細胞と違って何重にも厳重に保護されています。ですが、このヘルペスはそんな何重にも保護された部分を?い潜って細胞内に到達することが出来てしまったのです。

治療薬を使ったらそうした部分も治らないの?と思う方もいると思います。しかし神経細胞内に侵入したウイルスを攻撃するのは容易ではありません。薬に副作用というのがあるように、確実に選択したウイルスだけを攻撃するというのはそう簡単ではないのです。似たような構造である他の細胞を傷つける可能性も高く、そうなれば、神経細胞の機能が正しく動かなくなる可能性が高くなってしまいます。

こうしたことから、神経節に侵入してしまったウイルスについては薬効は届かず仕舞いになる為、安穏とい続けることが出来てしまうのです。

その為、私たちの体の免疫力が弱ってきたり、体力が落ちて着たりした時にその威力を度々発揮します。風邪などの体調不良の他にも、ストレスなどのメンタル面の不調も免疫力を下げる原因になります。また、口唇の場合は紫外線なども再発のきっかけとなる存在になるので、紫外線が強い場所に行く際には日焼け止めや帽子をかぶるなどの紫外線対策をした方が良いでしょう。

一度かかったことで必ずと言っていいほど共存状態を続けることになってしまうヘルペス。人に移さない為にも、症状が出てきた場合はその分ウイルスも大量に発生しているので、患部には安易に触れないこと、触れた場合は石鹸を用いて手洗いするなどを徹底しましょう。また、性交渉については以ての外です。更に自分自身が使っている食器やタオルなども共用しないことも他人に移さないことへの配慮になります。ちょっとした心がけで他の人への影響も最小限に留められることが出来るので、症状が出ている際には十分に気を付けることが大事です。

性器ヘルペスの体験談

性器ヘルペスの体験談

性器ヘルペスに掛かった方の体験談について、いくつかご紹介します。

・10代女性

彼氏と性交してから暫くして性器周りに普段感じたことのない不快感がありました。あまりにもチクチクするので、お風呂で鏡で見たところ、赤いプツプツした出来物が出来ていました。それを見てすごく怖くなって…でも誰にも相談できず、暫く悩んでいたのですが、あまりの痛みに母に相談するしか選択肢はありませんでした。

それを聞いてすぐに病院に一緒に行ってくれて、その時お医者さんで処方してくれたのがバルトレックスという薬でした。それからこの薬の名前を忘れることはありません。性病によっては怖い病気もあり、最悪不妊になるケースもあると言われとても怖くなりました。私のように相談しにくくて悩んでいる人がいたら、すぐにでもこれからの為にも治してもらうのが一番だと思って勇気を出してほしいと思います。

・30代女性

30代女性

仕事が忙しく心身共に疲れている際に、発病しました。でも、病院に行く時間の余裕を作れず、騙し騙しいたところ、とうとう歩けない程の激痛と腿の腫れが出てしまい、結局仕事を休んで病院に行きました。診断の結果はヘルペスでした。

以前、口元にヘルペスが出来た際はこんな状態にならなかったというのもあり、何とかなるだろうと思っていたので、とてもびっくりしたことには今でも覚えています。以前にも処方されていたバルトレックスをまた処方してもらいましたが、その時に聞いたのが再発しやすいということでした。

常備薬として多めに貰おうと相談したのですが、やはりそうもいかず…その為、後日ネット通販で見つけたバルトレックスを家に置いてあります。今後も体調を崩してヘルペスが出た際にはすぐにこの薬を飲んで治そうと思っています。

・20代男性

以前、友人と飲んだ際に勢いで風俗に行きました。その時口でしてもらったのですが、それから数日して陰茎にむず痒さやチクチクした痛みが出てきました。風呂場で見たところ、明らかにヘルペスの症状が出ていました。ヘルペスについては以前友人から聞いたことがあったので、慌てて病院に翌日行くことにしました。

まさか自分にもそういったことが起こるとは思っていなかったのですが。。簡単にこうして感染することを身をもって知りました。また再発しやすいとも聞いたので、処方してもらっていたバルトレックスを常備しておこうかと考えています。

・40代男性

若い時に口唇ヘルペスを発症してしまい、幾度となく再発に悩まされていました。市販の薬では効果がイマイチですし、病院に行く時間はなかなかなくて悩んでいました。

病院ではバルトレックスを処方してもらっていたのですが、通販でジェネリックを購入できると知りました。通販ならいつでも注文できるし、時間もかからないと思い、早速注文してみました。薬を通販で購入するのは初めてでしたが、対応も丁寧で安心して購入する事ができました。

届くまでに1週間ちょっとかかりましたが、ジェネリクとは言え、病院で処方してもらっている薬と同じ効果でした。安く購入できましたし、ネットから簡単に購入できるのは非常に便利でした。服用してからすぐに治り、日ごろのストレスも減りました。再発に備えて、常にストックを持っておこうと思います。